双旦拿”福袋“ 报名有惊喜---未名天日语寒假班
北京未名天日语培训学校2014年12月n1n2考前冲刺班
拨打电话图标 400-6602-400 ×
学日语
  课程分类
在线报名



  校区分布
电话: 010-51282758
  010-62760081
手机: 15901531168
北大资源东楼一楼1102
免费日语学习宝典
您的位置:首页>日语学习> 日语能力考一级[N1]>日语阅读>日语写作的小技巧(中日双语)

 日语写作的小技巧(中日双语)

作者:未名天日语 来源:未名天日语 时间:2017-05-22  
分享到:
 
  よい文章を書くために
  写好一篇文章你要这么做
 
  「誠実さ」「明晰さ」「わかりやすさ」―これが文章では大事なことです。
  “真诚”“清晰”“易懂”——对于文章来说,这几点非常重要。
 
  いちばん大事なことは、自分にしか書けないことを、だれにでもわかる文章で書くということ。
  最重要的是,要用谁都能理解的语句写出属于你自己的内容。
 
  主語は、文の中で使わないほうがいい。特に、随想やエッセーにおいては、あまり主語を立てると、エッセーじゃなくて論文みたいになってしまいます。
  最好不要在文章中使用主语。特别是随感随笔,主语太多的话,就容易变成论文了。
 
  本当におもしろいのは、書いているうちに筆が自然に外れていくことなんですね。そっちへ行っちゃだめ、というのに外れていく。それがいちばんおもしろいんです。
  很有意思的是,有时候写着写着就会偏题了啊。明明知道不能再往那边走,却还是偏了。这一点是最有趣的。
 
  考えて、考えて、考え抜いて、もうこれならどこからでも書ける、というところまでちゃんとやったうえで、いったんそれを脇に置いて、スーッと書きはじめる。
  左想右想,反复思考,直到觉得如果是这样的内容打哪儿开始写都没问题了,再将这些想法暂且搁在一边,提笔唰唰唰的开始撰文。
 
  人間は書くことを通じて考えを進めていく生き物です。書いたものを世間に発表するかどうかは別として、物を考えるいちばん有効な方法―それは「書く」こと。
  人类这种动物能通过写作去强化思考,先不管是否要对外发表,对事物进行思考的最有效方法便是“写作”。
 
  おもしろい物語には二つの特徴がある。まず情報が精選されている。次にその情報がよく整理され、効果的に配列されている。
  有趣的故事都有两个特点,一是精选内容,二是将这些内容好好整理、并进行有效排列。
 
  「―という」とか、「―について」「―に関して」ですが、これは、どれだけ使わないですませるかというのが実は勝負どころです。
  要想写好文章,其实关键要看你是否能少用甚至不用“―という”、“―について”、“―に関して”这些词。
 
  問題なのは、接続詞を使うと、何も言っていないのに、すごくいいことを言っているような気になってしまうことです。
  问题在于,使用了接续词后,明明你什么都没说,却能给人感觉你说了些很不错的话。
 
  優れた文章書きは、なるべく小さく千切ったものを、相手に次々に提供していく。
  要想写出一篇优秀的文章,就要尽量向你的读者不断地提供情节碎片。
 
  「ので」とか「から」とか「―なので」「―だから」と書いたとたんに、文章が難しくなってしまうのです。「理由」を、次に言わなければならないからです。
  一旦写下“ので”“から”“―なので”“―だから”,文章就会变难。因为接下来,你就必须要说明“理由”了。
 
  接続詞は使いすぎてはいけません。とくに「―が、―」には気をつけること。たとえば、「今日は朝から雨だったが、私は元気に生きた」とか、全然つながりがないのに「が」をつけると全部つながっちゃうんですね。
  不要滥用接续词,特别要注意“―が、―”。比如下面这句话,“今日は朝から雨だったが、私は元気に生きた(今天从早上就开始下雨了,我很有精神)”,明明前后完全没有联系,加上一个“が”,就都扯到一起了对吧。
 
  字引は必ず、相談に乗ってくれます。字引は「いま、ちょっと忙しくて」ということはありません、いつも同じ調子で忠実にきちっと教えてくれますので、字引を相談相手にいい文章を書いていただきたいと思います。
  辞典绝对可以帮你排忧解难,它不会说“我现在正忙呢”,不管什么时候,它都能保持平和如实教你知识,因此,我希望大家能够借助辞典这个小帮手来写好文章。

  有了收获,人生大不一样。欢迎点击未名天日语学校官网(http://www.pkusky.com/shuqiban/),了解最新招生信息。基础日语班、考级辅导班、翻译班陆续开课,暑期等你来!