双旦拿”福袋“ 报名有惊喜---未名天日语寒假班
北京未名天日语培训学校2014年12月n1n2考前冲刺班
拨打电话图标 400-6602-400 ×
学日语
  课程分类
在线报名



  校区分布
电话: 010-51282758
  010-62760081
手机: 15901531168
北大资源东楼一楼1102
免费日语学习宝典
您的位置:首页>日语学习> 阅读精讲>一级>12年12月N1能力考阅读精讲 2

 12年12月N1能力考阅读精讲 2

作者:未名天日语 来源:未名天日语 时间:2013-01-08  
分享到:

心は目に見えない。だから客観的に知ることはできない。ならば、心とか意識なんて面倒なことを考えるよりも、目で見える、定規で測れるものだけを考えることにしよう。そう考える人がいても不思議ではない。

人心难懂。因此无法做到客观地认知。那么,与其认为人心和意识是麻烦的,不如通过眼睛观察,按标准衡量来思考吧。有这种想法的人一点也不要觉得奇怪。

行動主義心理学と呼ばれるこの流派では、サルやネズミなどにレバー押しなどの行動を訓練し、その行動から動物の心を探っていく。しかし動物に「まずはレバーを押してみてください」と頼むわけにはいかない。例えば、初めて実験室につれてこられたサルは、そもそもレバーにさえ気づかないからだ。

被称之为行为主义心理学的学派通过对猴子和老鼠的压杆等行为的训练来探索动物的内心。但是,我们并不能被动物拜托道“首先请压杆试试吧”。例如,第一次被带到实验室的猴子,原本是连杠杠都不会注意到的。
 
では、サルにどうやってレバーを押させるのか?ポイントは二つ。ひたすら待つ。そして少しずつ目標に近づける。

那么,怎样做使猴子压杆呢?主要有两点。一味的等待。而且一点点地向目标移动。

例えば、サルが少しでもチラッとレバーを見たとする。そこですかさずエサを与える。これを何度か繰り返すと、サルの注意が次第にレバーに向いてくる。ここでいったんエサやりを止める。するとサルは、うろつきまわったりキョロキョロしたり、色々なことを試し始める。ここが我慢のしどころ。試行錯誤の中、サルの手がレバーに伸びるのをじっと待つ。そして手が少しでも伸びれば、すかさずエサを与える。

比如,猴子稍微一瞥杠杆,就立刻给猴子饵料。如此反复几次后,猴子的注意力就会渐渐转向杠杆。这时停止喂饵料,猴子就会隐约回转、不安,开始各种尝试。这会儿它还在忍耐中。试验错误的时候,我就一动不动的等猴子把手伸向杠杆。之后猴子的手稍微向前伸,就立即给它饵料。

こうして、適切なタイミングでエサをやりながら、少しずつ目標の行動に近づけていくのである。

这样在适当的时机一边喂饵料一边渐渐地接近目标行为。

私はこのやり方を、大学院生の頃、助手の先生に教わった。それは教科書に書いてあるとおりのことだった。が、実際にやってみると、それは衝撃の体験だった。

我的这种方法是在研究生院的时候助教老师教给我的。那是教科书上就有的方法。但是实际操作的话是很有冲击性的体验。

エサやりのボタンを右手に持ち、白黒のモニターごしに、サルの行動をじっと見つめる。私はエサに念じていた。「振り向け、レバーに振り向け」。伝わらない思いを伝えたい。ふいにサルがレバーに近づく。と、すかさず「エサやり」というメッセージを送る。それは紛れもなくコミュニケーションであった。

我右手拿着喂食按钮,在黑白色的显示器上一动不动的盯着猴子的行动。我专心于猴子。“转、转向杠杆”。我想传达传达不到的想法。不料猴子接近杠杆了。立即传达“喂饵料”这种信息。这就是不折不扣的交流。

この訓練をずっとやっていると、徐々にサルの気持ちがつかめてくる。そして、気持ちがつかめてくると、訓練は格段に早く進む。行動だけを見よといいながら、その実、うまく訓練するにはサルの心がつかめていなければならないのだ。心は行動からしかつかめない。しかしそれがつかめたとき、手の中にサルの心があるように思えてくる。そのとき私は、学問の本当に大事なことは、教科書には書いていないことを知ったのだった。

一直坚持这样的训练,我渐渐能领会猴子的心意了。而且,一旦领会它的心意,就能尽早地推进训练。虽然只观察猴子的行为也可以,但其实想要很好地训练就不得不抓住猴子的心意。心意只能通过行为来把握。但是,领会猴子的心意时,就会觉得手中有猴子的心意一般。那个时候我明白了教科书中没有写的做学问真正重要的东西。

单词:

レバー押し:压杠杆。
タイミング:时机。
うろつき:朦朦胧胧、隐约。
紛れもなく:毫无疑问、不折不扣。
モニターごし:显示器。

 本日语学习资料来源于未名天日语,如有转载请注明出处。


>推荐文章

12年7月N1能力考阅读精讲 4
12年7月N1能力考阅读精讲 5
12年12月N1能力考阅读精讲 1