双旦拿”福袋“ 报名有惊喜---未名天日语寒假班
北京未名天日语培训学校2014年12月n1n2考前冲刺班
拨打电话图标 400-6602-400 ×
学日语
  课程分类
在线报名



  校区分布
电话: 010-51282758
  010-62760081
手机: 15901531168
北大资源东楼一楼1101-1102
免费日语学习宝典
您的位置:首页>日语学习> 经验>日语学习之「もの」的多重角色

 日语学习之「もの」的多重角色

作者:未名天日语培训学校 来源:未名天日语 时间:2018-08-06  
分享到:
  「もの」在日语的语法界可谓是不可或缺的重要角色,接受过日语培训学习的同学可能对它是似曾相识,却又并不十分明了它们的意义,那么接下来小编就给大家介绍日语学习之「もの」的多重角色,让大家来认识一下它们的相貌特征、角色特点,希望对大家的日语学习提供助力,也希望大家来报名北京日语培训—未名天日语学校的考级辅导面授班!
 
  在语法中,「もの」主要以假名形式出现,我们简单列举它的几个比较重要的角色用法:
 
  (1)ものを/ものの
 
  ものを:“本该…(却做了相反的)”
 
  ものの:“虽然…但是”
 
  「ものを」经常和「いい/よい」一起使用,意义类似于「のに」;而「ものの」的意义就如同「が/ても」。
 
  例:
 
  一言謝ればいいものを、意地を張っている。
 
  真面目にすればよいものを、怠けてばかりいる。
 
  例:
 
  そうは言うものの(言っても)、やっぱり惜しい気がする。
 
  やってみたものの(みたが)、さっぱり面白くない。
 
  (2)~(する)ものだ/~(た)ものだ
 
  ~(する)ものだ:“往往”“经常”“应该“
 
  ~(た)ものだ:“曾经”
 
  「~(する)ものだ」用法较多,它根据前项动词的性质,有三重含义:
 
  ①前接无意志动词,表示根据客观情况、事物的规律,往往会形成某种情况。
 
  例:
 
  人はいずれ死ぬものだ。
 
  梅雨時にはよく雨が降るものだ。
 
  ②前接意志动词,常用「よく~ものだ」的形式,表示某人具有某种习惯。
 
  例:
 
  父は忙しくなると、よく夜ふかし(注)をして仕事をするものだ。
 
  夏になると、兄と私はよくその川へ行って泳ぎをするものだ。
 
  (注)夜ふかし:熬夜
 
  ③前接意志动词,表示根据人情道理,应该如何做,引申表示劝告、命令。
 
  例:借りたものは返すものだ。
 
  親の言うことはよく聞くものだ。
 
  「~(た)ものだ」表示对过去事物的回忆。
 
  例:
 
  母はよくふるさとにいたときのことを話してくれたものだ。
 
  子供の時は二人はよく喧嘩したものだ。
 
  (3)~(ない)ものだ/~ものではない
 
  ~(ない)ものだ:“不会…”“不常…”
 
  ~ものではない:“不会…”“不该…”
 
  「~(ない)ものだ」的意义也要根据前项的动词性质来决定。
 
  ①前接无意志动词,表示否定的自然规律、否定的事物道理。
 
  例:
 
  天気は人の思うとおりにならないものだ。
 
  プラスチックというものは長い間、地下に埋められても腐らないものだ。
 
  ②前接意志动词,表示习惯上不常做某事。
 
  例:
 
  私はあまり酒を飲まないものだ。
 
  私はあまり夜ふかしをしないものだ。
 
  「~ものではない」也有两点用法。
 
  ①前接无意志动词,表示根据自然的规律、日常的道理或人之常情,不会发生某种情况
 
  例:
 
  きつい酒ですから、君には飲めるものではありません。
 
  天気は私たちの思うとおりになってくれるものではない。
 
  ②前接意志动词,表示根据日常的道理、人之常情,不该做某事,含有禁止命令的意思。
 
  例:
 
  学生はタバコを吸うものではありません。
 
  そんな乱暴な言葉を使うものではありません。
 
  所以,这两个句型在用法①上是重合的,都表示自然规律上不会发生某种情况,但在用法②上,意义则不相同。我们看下面这两句话来比较一下不同之处。
 
  真冬だから、そんな高い山が登れるものではない。(严冬爬不了那么高的山)
 
  真冬だから、そんな高い山を登るものではない。(严冬不要爬那么高的山)
 
  真冬は、高い山を登らないものです。(严冬我不太爬高的山)
 
  (4)~てからというもの/~というもの
 
  ~てからというもの:“自从…之后”
 
  ~というもの:“这段时间以来”
 
  「~てからというもの」表示自从某件事情发生后,就发生了很大的变化。例:
 
  子供が生まれてからというもの、育児や家事に追われて、自分の自由な時間が持てなくなった。
 
  彼は結婚してからというもの、人が変わったように真面目になった。
 
  「~というもの」描述很长一段时间内,一直处于某种状态。前面经常是一些用「ここ」「この」表达的时间名词。
 
  例:
 
  ここ1週間というもの、彼女のことが気になってなかなか勉強に集中できない。
 
  この一ヶ月間というもの、祖父は体調を崩して病院に通っている。
 
  以上就是日语学习之「もの」的多重角色的全部内容介绍,同学们在日语培训中遇到相关知识点,要梳理总结并多加练习,感谢阅读!如果您想要了解更多信息,欢迎继续访问北京日语培训—未名天日语学校的官方网站!
 
 
扫码进群,领取学习资料和考试真题
进群验证请填(1)